FIFA20のRB(右サイドバック)の評価TOP5。キャリアモードのおすすめ選手!

スポンサーリンク
FIFA19

 

どーもこんにちは。レオエムです。

今回は、FIFA20のRB(右サイドバック)の評価が高いTOP5を発表します。また前作のFIFA19との比較もしています。

またキャリアモードなどのおすすめ選手ですので参考にしてみてください。

FIFA19でのTOP5

まず最初に前作のFIFA19での右サイドバックのTOP5を発表します。

1位 キミッヒ 86Pt

2位 カルバハル 85Pt

3位 アスピリクエタ 85Pt

4位 カイル・ウォーカー 84Pt

5位 ジョアン・カンセロ 83Pt

となっています。これからどう変動があったのか見てみましょう。

 

FIFA20のRBのTOP5はこれだ!

第5位 ジョアンカンセロ 84Pt

FIFA20から顔が固有フェイスになっています!

今シーズン、ユベントスからマンチェスターシティに移籍したジョアンカンセロは、前作から1Pt上がりましたが順位は変わらず5位でした。

この選手は、攻撃型サイドバックでクロスも86など高いキック精度を持っています。

 

 

第4位 カイル・ウォーカー 84Pt

第4位は、5位のカンセロと同じチームメイトのカイル・ウォーカーです。

ウォーカーはバランス型です。この選手はダッシュ速度が94もあり、攻撃意識と守備意識が高いので特に守備になると、かなり助けてくれるでしょう。

第3位 アスピリクエタ 84Pt

アスピリクエタは、前作から1Pt落ちて84Ptとなっています。

先ほどのカンセロが攻撃型サイドバックなら、この選手は守備型サイドバックです。

CB(センターバック)のポジションでも安定のプレーを披露するこの選手は、守備に関する能力が高く、86Ptもあるので守備固めをしたい時に最適な人材です。

 

 

第2位 カルバハル 85Pt

第2位に入ったのは、ここ6年近くスペイン代表とレアルマドリーのRBを務めるカルバハルです。

この選手は攻撃においてはアシストに関する能力が高いです。また守備においても守備全体の能力が82と安定したプレーを披露するので最もバランスが優れたサイドバックです。

 

 

第1位 キミッヒ 86Pt

1位は前作と同様、キミッヒになりました。

この選手は、パスの能力がかなり優れていてクロスが91、ショートパスが87、ロングパスが85となっているのでかなりのチャンスを演出してくれます。

しかし、どちらかというとRBというよりかは、CM向きの能力になっているので無難に選ぶとカルバハルがベストでしょう。

以上でRBのTOP5を発表しました。

ダニ・アウベスは、サンパウロに移籍したのでFIFA20から選手登録されていないみたいです。

また今回の順位には載っていないのですが、リバプールのトレント・アレクサンダー・アーノルドは20歳ながら83あるので、来年あたりにはかなり上位に入ることが予想できます。しかし来年はもっとすごい選手が出てくるのかもしれません。

いずれにせよ参考にしてくだされば嬉しいです。

【2020年最新版!】FIFA20で最もOVR(レート)が高いRBのTOP10!