チャンピオンズリーグ(UCL)、各国の出場条件や出場枠を紹介!

スポンサーリンク

 

どうもこんにちは。レオエムです。

この記事では、19/20シーズンのUEFAChampionsLeagueの各国の出場条件や出場枠を紹介します。

条件や枠は、UEFAカントリーランキングによって決定します。

※UEFAカントリーランキングはUEFAがCLとELの出場枠を決める際に基準とする国別ランキングのことです。

FIFAまとめブログ
今さら聞けない%ef%bc%81uefaチャンピオンズリーグucl-とは何/

 

 

欧州5大リーグの枠や出場条件

まずは5大リーグ(スペインイングランドイタリアドイツフランス)の枠や出場条件を紹介します。

 

スペイン/ラ・リーガ

UEFAカントリーランキング:1位

枠:4枠

出場権:1位~4位

 

イングランド/プレミアリーグ

UEFAカントリーランキング:2位

枠:4枠

出場権:1位~4位

 

イタリア/セリエA

UEFAカントリーランキング:3位

枠:4枠

出場権:1位~4位

 

ドイツ/ブンデスリーガ

UEFAカントリーランキング:4位

枠:4枠

出場権:1位~4位

 

フランス/リーグ・アン

UEFAカントリーランキング:5位

枠:3枠

出場権:1位~3位

 

その他の国の枠や条件

次にその他の国の本選から参加できるシード権を持つリーグの枠や条件を紹介します。

 

ロシア/プレミアリーグ

UEFAカントリーランキング:6位

枠:2枠

出場権:1位~2位

 

ポルトガル/プリメイラリーグ

UEFAカントリーランキング:7位

枠:1枠

出場権:1位

 

ベルギー/ファースト・ディビジョンA

UEFAカントリーランキング:8位

枠:1枠

出場権:1位

 

ウクライナ/プレミアリーグ

UEFAカントリーランキング:9位

枠:1枠

出場権:1位

 

トルコ/スュペル・リグ

UEFAカントリーランキング:10位

枠:1枠

出場権:1位

 

オーストリア/ブンデスリーガ

UEFAカントリーランキング:11位

枠:1枠

出場権:1位

シード権を持つのは、以上の26チームです。

 

 

残り6チームの決め方

本選出場するチームは、32チームなので残り6チームは、プレーオフで決めます。

プレーオフは、リーグ王者による予選ラウンド(2チーム)と上位チーム枠による予選ラウンド(4チーム)の2ブロックによって決めます。

 

リーグ王者による予選ラウンド

予備予選

UEFAカントリーランキング52~55位のリーグ王者4チームがトーナメント方式で対戦。勝利した1チームが予備1回戦へ出場します。

予備1回戦

予備予選の勝者1チームと、20~51位のリーグ王者31チーム(国内リーグを持たない31位のリヒテンシュタインを除く)の計32チームが対戦。勝利した16チームが予備2回戦へ出場します。

予備2回戦

予備1回戦の勝者16チームと、16~19位のリーグ王者4チームの計20チームが対戦。勝利した10チームが予備3回戦へ出場します。

予備3回戦

予備2回戦の勝者10チームと、14~15位のリーグ王者2チームの計12チームが対戦。勝利した6チームがプレーオフへ出場します。

プレーオフ

予備3回戦の勝者6チームと、12~13位のリーグ王者2チームの計8チームが対戦。勝利した4チームが本選へ出場します。

 

上位チーム枠による予選ラウンド

予備2回戦

12~15位のリーグ2位の4チームが対戦。勝利した2チームが予選2回戦へ。敗れた2チームが予選3回戦へ出場します。

予備3回戦

予選2回戦の勝者2チームと、7~11位のリーグ王者4チーム、6位のリーグ3位の計8チームが対戦。勝利した4チームがプレーオフへ出場します。

プレーオフ

予選3回戦の勝者4チームが対戦。勝利した2チームが本選へ出場します。

こうして残りの6チームを決め、全32チームを決めます。

 

 

~まとめ~

今回は、チャンピオンズリーグの各国の出場条件や出場枠を紹介しました。

是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。