昔、チームメイトだった意外な選手たちを当時のFIFAのレートと一緒に紹介!

スポンサーリンク
FIFA

どうもこんにちは。レオエムです。

今回は、昔のチームメイトだった意外な選手たちを7名、当時のFIFAのレートと一緒に紹介します。

ジェラール・ピケ(現バルセロナ)&クリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)

こちらの二人は、2008年にマンチェスター・ユナイテッドでチームメイトでした。

ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドに所属していたのは、皆さんご存知だったと思いますが、実は、ピケもバルセロナからレンタル移籍でマンチェスター・ユナイテッドに所属していました。

画像から見てロナウドは当時から一流選手だったのに対し、ピケはまだ実力に差があったのかもしれません。

 

 

ダビド・アラバ(現バイエルン)&ロベルト・フィルミノ(現リバプール)

この二人は、2011年にホッフェンハイムでチームメイトでした。

今では、共にビッグクラブに移籍して欠かせない存在になっています。

共に、レートが低くこの頃は注目されていない模様です。

 

 

オーリエ(現トッテナム)&ラファエル・ヴァラン(現レアルマドリー)

こちらの2人は、2011年にRCランスでチームメイトでした。

この翌年にヴァランがレアルマドリーに移籍します。

 

 

ダニ・アウベス(現サンパウロ)&セルヒオ・ラモス(現レアル・マドリー)

2005年にセビージャでチームメイトでした。

この二人は、クラシコでかなりバチバチにやっていたので驚いた方も多いと思います。この翌年にラモスがレアル・マドリーに移籍します。

セルヒオ・アグエロ(現マンチェスター・シティ)&ダビド・デ・ヘア(現マンチェスター・ユナイテッド)

今やマンチェスターが誇る重要人物の二人も2010年にアトレティコ・マドリーでチームメイトでした。

アグエロは、この年から既にアトレティコで活躍していましたが、デ・ヘアはまだ2番手3番手だったようです。

 

 

ケビン・デ・ブルイネ(現マンチェスター・シティ)&モハメド・サラー(現リバプール)

今やイングランドプレミアリーグの代表的な人物になった2人も2014年にチェルシーでチームメイトでした。

こちらの2人は、当時のチェルシーの監督のモウリーニョの戦術に入れてもらえず、移籍しました。

 

 

エデルソン(現マンチェスター・シティ)&ヤン・オブラク(現アトレティコ・マドリー)

共にゴールキーパーの最高峰に位置している2人は、2012年にリオ・アヴェでチームメイトでした。

この頃はお互い年齢が若いということもあり、レートも低いです。

以上で昔、チームメイトだった意外な選手を紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。